« ”一味違う” | トップページ | 七天皇塚 »

2009年5月 8日 (金)

そのうち調べる(2)

 朝から、知恵の輪と格闘だ。    Dscf0003_2
 いや、惚け防止の何とやらではない。 
 妻の手助けのつもりで食後の跡片付けと洗濯を日課としている。

 洗濯物を干すハンガーが、ステンレスで出来ているのだが、竿にぶら下げている間に、隣合ったハンガーと触れ合うらしい。

 どう考えても想像つかぬ形で、洗濯鋏と洗濯鋏が噛み合って、知恵の輪になってしまう。 何故?何故?何故、と自問自答しながら解くことを試みるのだが、同じような噛み合わせではない。

 毎回、変わる。まるで、誰かに意地悪されているようだ。
    

 結局、今日も解き離すのに小一時間かかってしまった。 「ハンガーを離してぶら下げればいいじゃないの」と妻。「そんなことは判ってる。ベランダが狭過ぎるんだよ!」。
                      
(#゚Д゚)y-~~イライラ
 
 話題を植物に切り替えて、
気を取り直そう。  (*゚ー゚*)
 輸入される園芸植物が増えて、名前や扱い方を覚え切れないのだが、それにも増して困惑するのが帰化植物だ。
 セイヨウタンポポ
のように見慣れてしまい、ことさら帰化植物とは意識しなくなった植物は多い。 それでも一度、海岸や港から内陸に続く国道などの、道路脇を眺めるといい。

 感覚的に見て、荒々しい風情を見せる植物の群れがあれば、先ず、海外から押し掛けてきた植物だ。そんな植物でも、数年で消えてしまう物もある一方、いつの間にか、見慣れてしまう植物もある。

   今回も2種類,目についた。
Dscf0025_2  
一つは、港の資材置き場で見かけた。

 おそらくは、家畜飼料か穀物として輸入されたものが、溢れて発芽したものだろう。 麦ではないか?





        もう一つは、京葉道路の土手で咲いていた。 
 
                                        一見、ベニバナセンブリに似ていたが、花の形が少し違う。

                                         面倒だが、調べておかないと。Dsc_0114




               アカバナハンゲショウ





  この連休を利用してクルージングに出ていた友人達が無事、戻ったようだ。 何の予定も無かった我が家でも、振り返って見れば、結構、浮かれていたようで、疲れた。
 
  そのせいか、普段にも増して内容の無い記述になってしまった。お恥ずかしい。
 

« ”一味違う” | トップページ | 七天皇塚 »

植物徒然」カテゴリの記事

コメント

麦の方は麦に見えますが…
ピンクの方はアカバナ科のアカバナユウゲショウだと思います。
後で調べる楽しみを奪ってしまったらすみません…
うまく導入すれば庭で雑草化して見ばえがよいです。

実は、正体不明の帰化植物を3種類ほど調べないといけないのがあって、そのうちそのうち、と延ばしています。

ありがとうございます。結構知られた植物だったんですね。
クルマで走り過ぎると、目に付かない事が多いけれど、最近は自転車なので、発見が多くなりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そのうち調べる(2):

« ”一味違う” | トップページ | 七天皇塚 »