« 無事帰宅 | トップページ | ドングリの会 »

2009年5月21日 (木)

定点観察

 ここは幕張の浜だ。
Dsc_0258_3
  毎年、5月も中旬になると浜にやって来る。
 
   幕張の浜は、千葉県が造成した人口海浜だ。同じ人口海浜の稲毛の浜は、千葉市の手で造成された。 どちらも完成してから30年近く経つ。
 人工海浜については賛否両論ある。私は造成した側に所属していたし、”涙なくしては”と語る、プロジェクトX  並みの経験を秘めた人々を知っている。
 だから、街づくりのモニュメントとして浜を見守ってきた。

 ”定点観察”と言うのは、同じ場所を定期的に訪れ、その変遷を観察し続けることだ。幕張の浜で観察し続けている物は、海浜植物の代表格であるハマヒルガオの群落だ。 Dsc_0275
 人工海浜を、より白砂青松の風景に近づけるために、クロマツが植えられた。海岸の崖っぷちに自生する植物群落に似せて、常緑の灌木類も加えられた。

Dsc_0260_3

人にできることはそこまでだ。Dsc_0266_2

 



 ハマヒルガオは、どこからやってきたのだろうか?。 

 

Dsc_0262_4

      コウボウムギ はどこから?。     自然の海岸の砂丘に自生する植物が、人口の浜に根付いたことの意味は大きい。

私が初めて一輪の花を見付けたのは、浜ができて7、8年後だったが、以来、その群れの広がりに期待しつづけている。

 今年は、テニスコート程の広がりだ。

« 無事帰宅 | トップページ | ドングリの会 »

植物徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定点観察:

« 無事帰宅 | トップページ | ドングリの会 »