« 都川 | トップページ | 始めて! »

2009年7月13日 (月)

ノカンゾウ

 私が参画しているおゆみ野の森づくり活動では、メーリングリストが設定されている。誰かが、メーリングリストのメインアドレスにメールを送ると、登録されているメンバー全員に、同時にそのメールが配送される仕組みだ。メンバー間の情報の共有のためには有効なシステムだ。先日、そのシステムによるメールが届いた。おゆみ野の森で、彼岸花?のような花を見付けたという。おそらく携帯電話のカメラで撮影したのだろう。写真が添付されていた。こういったニュースが投稿されるのは良い傾向だと思う。

 彼岸花?。時季から見て?。投稿者自身
???、だったのだろう。写真もあきらかに違う。でも何だろう。確かめてみることにして、おゆみ野に出かけた。
これがその花だ。
Dsc_0013
  ユリの仲間で
ノカンゾウ
草原
の植物だ。同じ仲間にニッコウキスゲや、園芸品種のヘメロカリスがある。少し湿っている場所に自生する。おゆみ野の森の中央部は、比較的乾燥した立地だが、クリコナラの根元は湿っぽい。昨年は見掛けなかったから、草を刈って、荒れ地雑草が抑えられた結果、今まで隠れていた姿を現したのかもしれない。春先には、キンランが顔をだしたが、いずれも草を刈ったことのメリットだろう。 ノカンゾウは、朝、開花して夕方しぼむ1日花だから、観られたらラッキー。
Dsc_0016

私の嫌いな生き物にも出くわした。 青大将。
数週間前、誰かが出くわしたと話していたから、そいつかもしれない。

 は虫類の研究者からの受け売りだが、冷血動物であるヘビは、自由に身体を動かせる体温になるまで日向ボッコすると言う。そう言えば、以前、自然公園に勤務していたころ、朝一番に園内の見回りをする。
 一回りする間に、数匹は見掛ける。舗装され、温もりのある園路で長々と。
人で言えば大の字になっている。直ぐに動ける姿勢ではないから、彼等なりにくつろいでいたのだろう。構わず、そっと避けて通ったものだ。
 アオダイショウがいると言うことは、ノネズミがいるのかも。それともモグラを餌にしているのかしらね?。
Dsc_0003









Dsc_0006_2




« 都川 | トップページ | 始めて! »

植物徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノカンゾウ:

« 都川 | トップページ | 始めて! »