« 鎮守の森 | トップページ | 旬 »

2012年4月24日 (火)

路傍の花

 近頃、近所の空き地でやたらに出合う花があるんだよ。
親父さんに聞いたら、元々は園芸植物として栽培されていたのが、種子が雨水や風に運ばれ、道端の草むらで芽生えた植物だろうと言うんだ。

12_739  例えばこの花、ナナミヒナゲシという名前だそうだね。先々週辺りから目立つ様になってきたんだ。

 あたしんちの前の空き地で何株か見掛けたよ。

 結構乾燥に強そうだよね。カラカラに乾いた砂地て、他に雑草も生えてこないような場所なのに、いつの間にか群生しているんだ。単独で植え込みや草むらの中に生えている場合も多いよ。性が強いんだね。

12_740   でもね、この花の場合は、好き好んで植えている人をアタシの近所で見た事は無いよ。招かざる何とか。そんな感じでね。

 近頃は同じ仲間内で、この花に比べてもズット華やかな色合いで大柄な花を咲かせるポピーが人気でね、もっぱらそれを公園の花壇や庭に植えるものだから、ナナミヒナゲシは全く一顧だにされない雑草という訳さ。でも、確実に生育範囲を拡大させているそうだよ。

2010_0431   

 12_709  今回、アタシが紹介しようと言うのが、リナリアと言う名前の植物でね。とにかくあたしんちの近所でここ最近、この花を見掛けない庭はない。あたしんちの庭にも、家の前の空き地にも、向こう三軒両隣にも咲いている花なんだ。

 あたしんちは、マユチャンの婆ちゃんが沢山有るからって、庭の隅から無造作に引き抜いた株をよこしたのが始まりでね。花が咲いたら奇麗なんでそのままにしておいたら、とんでもない所から芽をだしてね。種が飛んだんだろうね。おまけにケンニャンがDIYショップで、同じ種類とは思わず鉢苗を買ってきたから、今じゃ庭の彼方此方に蔓延りだしているんだ。

 とにかく繁殖力は大した物さ。花が奇麗なんで、誰も引き抜いたりしない所為だろうね。アチラコチラに飛び散って、ウンザリする程に見掛けるんだ。

2458  この写真の場所は公園じゃないよ。近所の空き地なんだ。先月までは、ただの砂地だったのが、今じゃこうさ。誰かが種を播いたんじゃないかって?。

2454  勿論その可能性はある。けれど、よく見ると、結構、いろんな帰化植物も混じっているんだよ。ちょっと目立ち気味なのが、マツバウンランという植物でね。青い花が気に入って、親父さん、数株ほど庭の片隅に移植していたよ。きっとリナリアも、誰かが興味本位で移植したり、増え過ぎたからと、隣り近所にあげたりしてひろがったんだろうね。何しろ丈夫で抜群な繁殖力もあって、気が付いたらどの家の庭でも見掛けるようになった。

 親父さんは、銚子に来て始めて知った花なんだってさ。

 今、親父さんが関っている公園で、手っ取り早く花壇を設えるには好都合な植物かな?。なんて思っているらしいよ。

 

 

« 鎮守の森 | トップページ | 旬 »

植物徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎮守の森 | トップページ | 旬 »