« ナデシコ | トップページ | 映画 »

2012年5月28日 (月)

オオキンケイギク?

  昨夜、親父さんのもとへメールが入ったんだ。
”千葉市内の公園で、ちょっとやっかいな外来植物が発見された。駆除対応しなければ。。。”。  
 親父さん、始めて聞く名前でね。小さな草で、芝生に混じっていると一寸存在が分らないそうでね。小さな実が付くそうなんだけれど、それが固くて尖っているんだって。その上に勢いよくお尻をドスンと下ろすと、”痛え〜!”と叫ぶことになるんだってさ。さてさてどうしたものか?。今週中には千葉市へ出掛けて、実物を検分するつもりだってさ。

 それとは別に、我が家の周りで今、黄色い花が真っ盛りなんだ。
2412  
  親父さん、花が咲く迄、特段意識しなかったんだけれど、今になって気になってしかたないそうだよ。確かな自信があってのことじゃないけれど、ヒョットしたら”オオキンケイギク”と言う名前の植物かもしれない。
 とにかく華やかで目立つ花だよ。大抵の草花は、存在感で圧倒されてしまうね。 

 アタシんちの前の宅地には、この土地の地主さんが植えていったんだ。アタシんちの庭が花一杯なんで、”それに合わせて”、なんて思ったかどうか?。去年の秋頃、幾種類かの草花の苗と一緒に植えたんだ。
 最近は街中でよく見掛けるんだ。庭先の花壇に。2411
  それに道路の端にも
2410_2  「ウチでも欲しいよ」と、マユチャン。「園芸店で鉢植えで売っていたよ」と、ケンニャン。以前紹介したリナリアもそうだけれど、この街の人達は、派手目な花が好きだよね。「奇麗だし丈夫で手間いらず。放っておいても、翌年、また生えてくるしね」と、お気に入りなんだ。ともかく彼方此方の庭先で見掛けるよ。

 もし、親父さんが案じるオオキンケイギクだとしたら、特定外来生物として、法律で栽培、増殖、販売が禁じられている植物なんだってさ。
 畑や野山で蔓延るんだって。昨日紹介したアタシんちで植えている、カワラナデシコなどの国産群団なんか、オオキンケイギク群団の前では一蹴されてしまうそうなんだ。  

 昨年、親父さんが働いていた公園は、大規模な花展示で知られているんだけれど、丁度今頃の季節、ホームページの写真を見た匿名の人から、「法で規制されている植物の写真を、国の施設が堂々と公示するなんて無神経にも程が有る」。そんなお叱りを受けてね、ビックリして園内を探索したら、確かに生えていたんだ。直に抜き取って焼却したんだって。

  で、今回はどうする?。
2415  「取り敢えず市役所に話してみよう。専門家の鑑定を受けて、もしオオキンケイギクなら、その駆除を広報してもらう必要があるからね」。
 似ているから親父さん、キンケイギクと見間違っているかもしれない。そうだといいね。

  夕方、お天気が俄に怪しくなって、ピカピカゴロゴロ始まったよ。

« ナデシコ | トップページ | 映画 »

植物徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ナデシコ | トップページ | 映画 »