« 挫折 | トップページ | 離任 »

2013年3月28日 (木)

ハマヒルガオの保育

  昨日は結構激しい雨だったよ。でも今朝は薄曇りでね、靄が利根川を覆っているよ。先週の始め辺りから、シラスウナギ漁の漁船を見掛けないんだ。漁期は今月一杯じゃあなかっただろうかね。
2391
 今年も不漁だと聞いたけれど、不漁故に高価に取引されるんで、その値を聞けば「人が出漁するのを指を銜えて観ているなんて金輪際できねえよ」だってさ。それが漁師気質なんだろうね。
 だから一隻の漁船の姿も観ないということは、申し合わせての休漁状態なんだろうね。
2393
 芝生広場は結構水びたしになっているけれど、いつの間にか草の青味が増して来たよ。アタシが母さんの相手をしている間、親父さんは川縁を往ったり来たり。ハマヒルガオの芽生えを探しているそうでね。
 見つかった?。そう。

Img_4528
 川縁にハマヒルガオが生えていることは、一昨年、越してきた頃には親父さん、気が付いていたんだ。それが、御近所さん達による草刈りで容赦なく刈り取られてしまうんで、何とか保護したいと、その一部をアタシんちの庭に移植したんだよ。
 
 去年秋、庭に芽生えたハマヒルガオの一部を、更に千葉港のポートパークに植えたんだ。今年も庭では順当に新芽が伸びているんだ。で、大元の川縁はどうか?という訳なんだけれど、今日の処は僅かに数カ所、芽生えているそうでね。
 町内会長で元校長先生と相談して、杭で目印をすることにしているそうだよ。
12_140

 どうしてハマヒルガオに?。
千葉市に住んでいた現役時代、稲毛や幕張の人工海浜造成に関っていてね、自然の海浜に観られる植生を育てたいと、色々試みていたそうなんだ。その象徴的な植物が、ハマヒルガオの群落の再生なんだとか。
 以来、一昨年働いた茨城の海浜公園でも、そして現在は刑部岬下の砂浜で、ハマヒルガオとの縁が続いているんだそうだよ。
 ハマヒルガオだけじゃないよ。九十九里浜が北限といわれるイソギクもそうさ。
12_583
 
 「そう言えば、千葉市の泉自然公園や昭和の森公園のカタクリは、今頃咲いているだろうか?」、だって。親父さん、カタクリも、その自生地を見守っていたから、未だに気になるらしいね。  

 
 

« 挫折 | トップページ | 離任 »

植物徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 挫折 | トップページ | 離任 »