« 絶対評価 | トップページ | 砂浜 »

2013年4月12日 (金)

新緑

 昨日の朝は早かった。芝生広場へ出るのも家に戻るのも。親父さんが6時過ぎには出かけるそうで、アタシを急かせたんだよ。
Img_4715
  壊れバイクにムチを入れて千葉市まで片道2時間半。
丁度中間辺りの米処じゃあ、もう田んぼに水を張って、田植えの準備が進んでいたそうだよ。
 親父さんの印象じゃあ、年々、稲野作付けが早まっているように見えるそうでね。子供の頃、田植えと言えば鯉のぼりを掲げた頃だったような記憶なんだとか。
Img_4718

 今日の会議は千葉市緑区にある昭和の森公園で開かれたそうでね。何故かいつもより早く到着したものだから、出席者が揃うまでと、公園内の谷津田を訪ねたそうなんだ。
Img_4722
 ちょうど新葉が開き始めた新緑の時季でね、目にしみる程の緑に溢れていたそうなんだ。感激したって。
 銚子だけじゃないけれど、海からの潮風が吹き付ける地域には、常緑樹の暗い森はあっても、落葉樹の森や林は少ないそうでね。だから新緑の明るい林床を久しぶりに観察したそうなんだ。
Img_4724

 明るい雑木林の根元に咲いていたんだって。イカリソウと言う草に似ているけれど、後で調べるとさ。
 
 親父さん、現役時代、この公園で働いていたものだから、いろいろ思い出があるそうでね。特に谷津田では、その両脇の斜面に広がるカタクリの自生地が、隣接地の宅地造成のとばっちりを受けて開発されそうになったそうでね。
 それを阻止しようとする市民と開発業者に市役所が、三つどもえの騒ぎになったそうなんだ。その時公園に赴任したものだから、親父さんも大汗を流すことになったんだって。
 
幸い、次善の策で事を収めることができて、カタクリの自生地は一部を失うだけで済んだそうだよ。今日その場所を観たら、既に花が咲き終わって種が実り始めていたそうなんだ。
Img_4727
 後輩の手によって、しっかり保護管理されていたから、嬉しかったそうだよ。観察に夢中になって一番早く会場に着いたのに、一番遅く入室することになってしまったとさ。

 夜遅く、でも雨が降り出す直前に戻ってたよ。

« 絶対評価 | トップページ | 砂浜 »

植物徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 絶対評価 | トップページ | 砂浜 »