« 日帰り | トップページ | 呼称 »

2013年4月 9日 (火)

ネモフィラ

 「どうなってんのよこの頃の天気!」。
毎日、アタシんちのある住宅地の道路を行ったり来たり。リハビリの為に歩いている婆ちゃん達が言うんだ。
 「朝方は、こんなに強く吹くなんて思わんかったよ。家の人はもう幾日も漁に出られんでよ」。
Img_4710
 確かに、朝は静かだったからね。

 処で親父さん、インターネットのyahoo newsを見ていて、「何だか見た様な景色の写真だな?」,って言うんだ。
 それは青いネモフィラの花丘一面に咲いた写真でね。
今、見頃を迎えています。そういう記事なんだそうだよ。
 
 数年前、親父さんが働いた茨城県にある国営公園で、丘一面にネモフィラの花を咲かせるため、スタッフの人達と一喜一憂した思い出があるそうでね。写真を一目した時は、その公園の写真かと思ったそうなんだ。
2010_073

 この写真は、親父さんが撮った茨城県の公園でのネモフィラなんだけれど、記事掲載された写真は福岡県の海の中道という公園でのネモフィラなんだそうだよ。
 写真を見る限りその景色に区別がつかないよ。

 アタシんちでも親父さん、ネモフィラの種を播いて、今花盛りを迎えているんだけれど、先週来,何度も襲ってくる春の嵐でね、根こそぎ吹き飛ばされたり、地上部が痛めつけられて、見るも哀れな姿になってしまったよ。

 利根川の川向こうは茨城県。公園とはそう遠くない距離だから、ネモフィラの丘もこの強風に晒されているだろうね。
 今月からは、ネモフィラの丘も新しい顔ぶれの人達によって管理される。そう風の噂が聞こえたから、気苦労引き継がれるんだろうね。
 
 
 

 

« 日帰り | トップページ | 呼称 »

植物徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日帰り | トップページ | 呼称 »