« 宴の後(2) | トップページ | 雨の土曜日 »

2013年5月10日 (金)

特定外来生物

 朝は全く風も無く、利根川の川面はようだったよ。
玄関ドアーを開け放していたら、ツバメが飛び込んで来たよ。それも何度もね。
 「巣作りの場所を探しているのかもしれない」と、親父さん。
Img_5078

  親父さん、向こう三軒両隣の町内組長を仰せつかって一月余り経ったけれど、然程大変だという程のことは、これまでの処はなかったよ。
 街灯の球切れで、電気屋さんに修理を頼み、道路脇のゴミ回収場所の掃除をし、車に跳ねられて死んだ猫を埋葬し、町内会費を集め、近所の葬儀に顔を出し、選挙候補者の立ち会い演説に出席を求められ(これは断った)、今日は、アパートに独り暮らしの男性が、部屋で顔面を強打した出来事で、救急車に収容するまで立ち会って・・・・
 ね?。大した仕事じゃないでしょ。控えめに言っても、アタシの散歩を狡する程の理由じゃないよね。

 先日、役所から回覧するようペーパーが配られてきたんだ。そのペーパーを回覧することなんか、雑作ないことでね。ところがだよ。
 そのペーパーに記載されていることが問題でね。
特定外来生物に指定されている”オオキンケイギク”という野草の駆除についての啓発文書なんだ。
Img_4939  
  オオキンケイギクの駆除については、月初めの銚子広報紙にも記載されていたから、随分と念の入ったことだと思うよ。親父さん、このペーパーを回覧に回すだけじゃなくて、組長として,自ら
分担範囲を見回って、オオキンケイギクの発見に務めなけりゃならないんだ。
 今月末、町内一斉のクリーンアップ活動が予定されていてね。その時、見つけたオオキンケイギクを始末する手筈だからね。
 この街に越して来て、未だ三年に満たないけれど、それでも去年、オオキンケイギクでこれほどのキャンペーンは記憶にないよ。勿論、好ましいことではあるけれどね。
Img_4959  
 実はね、去年の今頃、親父さんは市役所へメールを送ったんだ。近所でオオキンケイギクとおぼしき植物が蔓延っていたんでね。誰も意識しているようには見えなかったし、むしろ「花が奇麗で良いじゃない」。そんな雰囲気だったんだよ。

 で、恐る恐る、「市ご当局は、当にご承知の事ではあるでしょうし、最近越して来たばかりの余所者が勝手を申しあげるご無礼はお許し頂きたい。で、最近街で気になった事をご一報申し上げ

 親父さんのメールで役所が腰を上げた、何て思ってはいないけれど、この際、親父さんも捻り鉢巻きで、オオキンケイギク駆除に汗を流さなければ。そんな意気込みなんだそうだよ。

« 宴の後(2) | トップページ | 雨の土曜日 »

植物徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宴の後(2) | トップページ | 雨の土曜日 »