« 居場所 | トップページ | トマト »

2013年6月 7日 (金)

春キャベツ

  朝から梅雨空になったと思ったよ。けれど結局夕方まで降らずじまいさ。親父さんは今日も庭の植物に水を掛けていたよ。
Img_4449

 台地の畑では、春キャベツの収穫と出荷が一段落して、その跡にマリーゴールドの種を播いていたよ。

 親父さんが言うには、土の中に棲み付いて、作物に悪さをするネマトーダとか言う土壌生物がいるんだってね。
 蚊取り線香は除虫キクが原料なんだそうだけれど、キクには蚊を寄せ付けない効能があるんだって。その要領でね、キク科のマリーゴールドを植えると、その根から発散する成分がネマトーダなどを遠ざけるそうなんだ。
 農薬で除虫や殺菌を施すとなると、かなり有毒な薬品による燻蒸が必要になるとかでね。それを考えれば,マリーゴールドを畑で育てることはエコに適うんだね。

 その畑から獲れた春キャベツだけれど、親父さんも銚子に住み始めた当時は、春に収穫されるから春キャベツ。そう思っていたんだ。ところが、春キャベツは秋から今月一杯まで収穫されるそうでね。それは、銚子の気候が温暖で、一年に二度、作付けできるからなんだそうでね。
 梅雨の雨に期待して苗を植え、秋に収穫する。その後、寒さが進まぬ内に再び苗を植えて養生しながら冬を越して、春先から収穫するんだね。そして数年に一度、畑を休ませ養生するために、マリーゴールドを植えたり、緑肥作物として麦を植えたりするそうなんだ。
 
 で,その春キャベツだけれど、金系と呼ばれる品種の代名詞なんだそうだよ。主に銚子周辺で栽培されているそうだけれど、全国的に栽培され流通しているキャベツは、冬キャベツ。寒玉系と呼ばれる品種なんだって。
 
 Img_5317

 春キャベツ。つまりは銚子だからこそ食べられるキャベツだから親父さん、馬にでもなったようにガツガツ食べてるのさ。

 処で近頃は個人情報尊重でね。人の顔も勝手にブログで出せないんだってね。アタシは大丈夫だよ。
 何しろ、コーギー犬の顔はどの犬も一緒。飼い主だって見分けられないよ。

« 居場所 | トップページ | トマト »

植物徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 居場所 | トップページ | トマト »