« DNSサーバー | トップページ | 水辺の鳥 »

2014年3月13日 (木)

祈念樹

 ”銚子地域に波浪警報が発令されました”。
朝のラジオ体操を済ませた頃から降り始めた雨はね、強い南風で横殴りの雨になったんだ。けれど
午後、雨足が止まった頃を見計らって、親父さんと外へ出たよ。で、散歩途上の4時頃、防災無線からの警報の発令を耳にしてね、慌てて家に駆け込んだんだ。追っかける様に再び雨が強く降ってきたよ。
Img_8985

 そんな状態でね、余り話す話題もないんだけれど、先日、親父さんが参列した旭市での3・11慰霊の市民の集まりでね、厳つい感じのオヤジさんに声を掛けられたんだって。このオヤジさん、元お巡りさん、今は地域の世話役を引き受けてね。日々、東奔西走しているんだけれど、昨年スタートした円卓会議プロジェクトの一つでね、”旭を花いっぱいで元気づけるプロジェクト”の先頭に立ってもいるんだ。

Unknown  その時に親父さん、こう訊ねられたそうなんだ。
「前から話が出ている祈念樹の樹種が決まって、フェイジョアになったんだ。大丈夫かね?」、とね。

 祈念樹?。記念樹じゃないの?。いやそれで良いんだって。街の復興を祈念して植えるから祈念樹にしたそうなんだ。成る程。で、何でフェイジョアなの?。
 その理由は親父さんも知らないそうでね。それ以前の会合では親父さん、植物生態的な観点からすれば、海沿いの環境だから松や椿が候補になるでしょ。そう発言していたそうでね。
 過去に色々な記念イベントでね、記念植樹の候補を推薦した経験があってね、必ずしも植物生態論には拘らない、その記念植樹の理由やシナリオによって、様々な樹種が選ばれているのが現実でね。だから今回も、地域の市民が選んだ結果だから、それはそれとしてね。
 
Images  「大丈夫かね?」。突然の事でね、親父さんも熱帯果樹として栽培されているフェイジョアとは、意表をつかれたそうなんだ。フェイジョアは、過去に植物園で植栽した事があるそうでね。けれど、「う〜ん」だって。
 既に祈念樹として植えちゃったそうだから、そこで「う〜ん」とは言えなくてね。一見、オリーブと似た感じから、「多分大丈夫でしょ」。そう答えたんだって。

 親父さん、家に戻って調べたんだって。そういう時は、学名で検索するんだって。
つまり、本来の原産地の環境を知るため、国外の植物サイトを閲覧するんだね。
 分かったことはね、南米の高地。つまり冷涼で乾燥した地域と・・・。
いろいろ分かったそうだけれど、千葉県旭市の九十九里浜と環境的に共通する要素は少ないそうなんだ。
 根付くまで、防潮ネットで保護する必要がありそうでね。多分、果樹も実らないだろうって、訊ねたそのオヤジさんに告げなければね。 




« DNSサーバー | トップページ | 水辺の鳥 »

植物徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« DNSサーバー | トップページ | 水辺の鳥 »