« 16.5kg | トップページ | 落とし物 »

2014年7月 7日 (月)

花文字

 二度だよ二度。このブログを書き終える直前に全文消えてしまったんだって。以前にも何度か起こった事でね。ブログの師匠からも助言を戴いたんだけれど、未だに予防できていないんだって。三度目も再現したら親父さん、今日はふて腐れてもう何もしないってさ。

 雨が降ったり止んだりの梅雨空でね。出掛けていた親父さん、白い雨合羽を泥まみれな姿にして戻ったんだ。下着も濡れているとかでね、そのまま風呂場へ籠ってしまったよ。
 つまらないから、親父さんの座る椅子の下に陣取って、もう何処にも行かせないよう監視しているんだ。
 今日はね、旭市で花苗を植えて来たんだって。

 ”花で旭市を元気にするプロジェクト”と、言うんだって。親父さんも出席する円卓会議から生まれた活動でね、簡単に言うと、3・11津波の被災で空き地化した場所なぞに花壇を設えようと言うキャンペーンなんだって。キャンペーンが始まって以来、公民館や社寺、街路なぞに花壇が造られてね。

Img_0088

 親父さん、現役時代もその後のNPO活動時代も、一貫して取り組んで来たのがこの種のキャンペーンだそうでね。千葉市時代は都市緑化植物園や花の美術館を拠点に、先導役を果たして居たそうでね。だから違う街に引っ越して来たからといって、そのような活動に目を閉じる気はないんだってさ。そうは言っても、このプロジェクトが展開する全てのワークショップに関わっているわけじゃあないそうでね。
 もっぱら刑部岬展望館の周辺での活動に参加しているそうでね。

Img_0094

 今日の親父さんはボランティアの一人として、参集した十数人の旭市民と一緒に、ヒマワリとコスモス苗を、絵文字を描くように植えたんだそうでね。刑部岬から見ると絵文字になっているのが判ると聞いたよ。
 作業そのものは、リーダーを務める元お巡りさんの指揮でね、二時間余りで終わったそうなんだけれど、ヒマワリ苗がやや徒長した状態でね。作業中も茎が途中で折れてしまうものもあったそうなんだ。来週辺り、影響があるかもしれない台風の強風を考えると、吹き折られてしまうかもしれなくてね。それはリーダーも気にはしている様子でね。
 「アタシもヒマワリの種まきは初体験だもんでね」ってね。苗作りを引き受けてくれた農家のオヤジさんが言い分けしていたけれど、「私が毎日見回りますよ!」って、リーダーが言っていたそうだよ。周りの薮の篠竹を伐って、添え支柱すればいいのだけれど、今日のお天気具合じゃあ、親父さんも言い出す気持ちも萎えてしまったそうでね。
 明日以降、親父さんも可能な限り様子見に行くつもりなんだってさ。

Img_0098

 前回、今日のワークショップに隣接する遊歩道でね、その沿道に皆で植えたアジサイやヤマツツジの苗がね、数日後には数本、引き抜かれて無くなっていたそうだから、今回の花苗も、補植のための予備が予め見込んでおく必要がありそうでね。あればいいのだけれど、とは親父さん。

 ま、今日はそんなことでね。また文書が消えてしまわない内に、先ずはセーブしましょ。

« 16.5kg | トップページ | 落とし物 »

NPO活動」カテゴリの記事

コメント

もうひとつ重要なことを言うのを忘れていました。一度画面が消えてしまった場合はココログ画面から一旦外に出てください。そうしてからもう一度ココログに入って、少し入力して更新をかけ、この文書ファイルが出来上がっていることを確認する必要があります。
一旦ココログ画面から出ないといくら更新しても消えてしまいます(なぜそうなるのかは私にも分かりません)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 16.5kg | トップページ | 落とし物 »