« 進むも引くも | トップページ | 世間話 »

2015年1月25日 (日)

春の先触れ

 

朝方、遠くの風車はグルグル回っているし、鹿島灘の潮騒の響きが盛大に聞こえているんだけれど、何故か利根川辺は穏やか。連日、調べ事と言って出掛けた親父さん、今日はアタシと在宅でね。他の家族はめいめい、自分の用事とかで出払っているんだ。
 「ココ、お前はイビキをかいていたぞ!」って親父さんが意地悪言うけれど、
ま、居眠りが楽しめる程の穏やかな日曜日だよ。

Dsc_0023

 そんな事で親父さんと家の周りでブラブラしていたらね、見つけたんだ。
早春の道端で見掛ける青い小花のオオイヌノフグリさ。先週だったか、他所で見掛けたホトケノザもね、傍に数輪、これは紫色の小花だけれど咲いていたよ。

Dsc_0012

  アタシが鼻を近づけていると、「どんな香りだい?」って親父さんがね、聞くんだけれど、どんな香りって言われてもね。表現しようがなくてね。
 毎年、この花を見つけると大騒ぎするんだってさ。春の先駆けと思っているんだって。もう少し回りを見回すと、黄色いセイヨウタンポポの花も一輪咲いていたよ。
 オオイヌノフグリもセイヨウタンポポも、草丈は低くて地面に這うような段階でね。

Dsc_0019

 まだまだ丈を伸ばす程には気温が上昇していないんだね。今朝も回りには融けずに残った霜だろうね。白い物が葉の表面を覆っていたよ。

 丈を伸ばしたと言えば庭のニホンズイセンだね。今が盛りとばかりに白色の花を増やしているんだ。昨シーズンに比べれば明らかに花数は増えたよ。まあ、観るに耐える量にはなったと思うよ。去年は一株に1、2輪程度だったからね。

Dsc_0009

 数年前、近くの道路予定地に自生していた球根をね、親父さんが堀り上げて、芝生広場とアタシんちの庭や周りに埋めたんだ。この株はそれなんだけれど、芝生広場はね、一部を残して草刈り作業の度に刈り取られてしまうものだから、到頭今年は葉さえ見かけないよ。

 ついでと言ってはなんだけれど庭のバラの話もね。冬期剪定して、すっかり幹や蔓だけにされてしまってね、後は殺菌消毒をするだけなんだ。親父さん、その準備をしていたけれど、雨模様の天気が続いているからね。模様眺めさ。

 鉢植えのバラが一輪、季節外れの花を咲かせていたよ。
母さん、それを写真に撮って置けと煩く言ってるからね、一枚撮ったよ。

Dsc_0002

  ま、こんな事だけれどね、今月に入って、家族の何かを期待する感じが徐々に高まっている雰囲気をね、アタシは感じるんだ。
 連日宅配便がね、「赤ちゃん用品、代引き品です。」って届けてくるんだ。マユちゃん、ネットで何かを注文しているんだね。

 その動きの意味をアタシは知らないけれど、何かライバル出現の予感があるんだ。だから今は親父さんをピッタリマークさ。

« 進むも引くも | トップページ | 世間話 »

植物徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 進むも引くも | トップページ | 世間話 »