« 退院 | トップページ | 空約束 »

2015年3月 6日 (金)

ジンチョウゲ

 庭から何とも清々しい香りが漂ってくるんだ。
親爺さんと庭へ出たら、枝に白い花を付けたジンチョウゲと言うんだって?。その花が匂うんだね。
 もう少し甘い香りのする花がウメやロウバイ。つまりウメの仲間だけれど、散歩の道筋で出合うよ。先々週辺りから花が開いて、今は見頃なんだそうだよ。
 銚子へ越してきて以来、駅の近くにあるお寺の梅が、街じゃあ知られた存在なんだよ。潮風の影響を受ける銚子では桜の大木は少なくてね、千葉市の公園のように、桜の木の下を歩く場所も多くはないんだそうなんだ。
 とにかくジンチョウゲの香りとウグイスの鳴き声が聞こえているから、季節は春まっしぐらだよ。

Dsc_0003_2

 処で今日は親爺さん、マユちゃんに産まれてた赤ちゃんの事でね、いろいろな所に届け出が必要なんだね。市役所への出生届けはね、こればかりは父親の誉れだからケンニャンが済ませてね。けれど其れ以外の雑用を親爺さんが引き受けているんだってさ。
 今日は朝からそんな雑用を済ませるため、親爺さんは走り回っているんだよ。
ジンチョウゲに気が付いたのはアタシが先だけれど、家に戻って一息付いた親爺さんも気が付いたんだ。

 ジンチョウゲの香りとウグイスの鳴き声。それに爺ちゃんになった事。想いは一入だそうでね。
 けれど親爺さん、未だ、爺ちゃんになった実感は無いんだって。一方、ケンニャンはね、赤ちゃんが可愛くてしかたないんだね。帰宅して最初に話すのは、マユちゃんを見舞った時の赤ちゃんの様子だとさ。
 アタシも祝う気持ちはあるよ。でも未だ観ぬ存在だからね、取りあえずは静観しているんだ。

 

« 退院 | トップページ | 空約束 »

植物徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 退院 | トップページ | 空約束 »