« 締め切り間際 | トップページ | 夕暮れ »

2015年6月27日 (土)

花期

 梅雨空だよ。処で丁度一年前に観察した同じ場所だよ。
親爺さんが足繁く通うようになった神栖市でね、その帰途に立ち寄る鹿島灘に面した海岸の砂丘林にね、今年もスカシユリが花を開いていたとさ。

Dsc_0004

 先日のニュースではね、成田でオオガハスが花を開いて、旅行客の注目を集めてる。そんな記事に、千葉市の千葉公園内のオオガハスはどうだろうかと、親爺さん、気になったとさ。別のニュースで例年どおり、今年もハス見の会が盛大に開かれたそうだから、本家のオオガハスも健在と思って良いんだろうね。
  親爺さん、技師として千葉公園に勤務していた若い頃、オオガハスの栽培管理を担当したから、今でもオオガハスへの想いは一入だそうでね。
 蛇足ながら、オオガハスが栽培展示されている綿打池の、そのたもとに据え付けられたベンチが、このブログ”ちば公園のベンチから”のホームベースなんだとさ。

2009_135
 

 オオウメバチソウはどうだろう。今年も特別公開されているんだろうか。
親爺さんが数年前勤務した茨城県内の国営公園にね、その非公開地区に自生するオオウメバチソウが、自生域の南限になるんだそうでね、希少な存在なんだそうだよ。。例年、花を咲かせる今頃、特別公開されていたそうなんだ。

2010_484
 
 オオガハスや、これも千葉市が自生地の南限に当たるカタクリに比べても地味な植物だから、知る人ぞ知る感じでね。それでも公開期間中、態々駆け付ける人が絶えることはなかったとさ。
 松林の林床で生育しているそうだよ。マツの根粒菌と菌を共通するんだろうことから、マツとオオウメバチソウの繋がりに関心が寄せられていたそうなんだ。
 
 話をスカシユリに戻せばね、親爺さん、昨年採集した種をアタシんちの庭と刑部岬の崖に播いてみたのだけれど、その種から発芽したかどうかは確認できていないんだ。無造作に散蒔いたからね。
 としても、最初に花を開くのは何年後なんだろうか、それを確認したいんだそうでね。更には、同じ株が花を咲かせ続けるのだろうかとね。

2009_036

 例えばカタクリは発芽から五年程は、毎年地表に顔を出すけれど、開花には至らず人知れず雑草の中に紛れてしまうんだとさ。開花株も、種を付ければそれで終ってしまうんだろうか。親爺さん自身が確かめてはいないんだ。だから現時点では疑問を残したままなんだとさ。

Dsc_0019_2

 とにかく、スカシユリは種を落とした後、その地上部は枯れてしまうからね、残った根から翌年も再生するんだろうかね。自生地に手を入れる訳にはゆかなから、アタシんちのサンプルで確かめるしかないのさ。そんな訳で今年の播種は、ポットにも播いて確かめるとさ。

 親爺さん、今日は久しぶりにアタシとゆっくりできるとさ。明日は松戸市へ出掛けるんだとか。

« 締め切り間際 | トップページ | 夕暮れ »

植物徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 締め切り間際 | トップページ | 夕暮れ »