« ホテイアオイ | トップページ | 運動会 »

2016年10月 7日 (金)

オムツ

 「コーちゃんにおねしょ、されてしまって・・・」。
今朝、マユちゃんが親爺さんに話していたよ。
コーちゃん、未だオムツを外せるような歳じゃないから、責めを負うような事態じゃないけれどね。
 アタシはね、おねしょにゃ無縁だけれど、其れなりに我慢や声かけなど努力しているんだよ、。
 今朝は三時ごろ、親爺さんの寝室の外で騒いでやったよ。”おしっこ〜。外へ出して〜”ってね。

Dsc_0039

 親爺さん、コーちゃんが保育所へ出かけた後、布団を外へ持ち出して、物干竿に掛けていたっけ。
 コーちゃんは、成長すればオムツと縁が切れるだろうけれど、一方、歳をとってオムツが必要になる場合もあるそうだよ。例えば母さんがそうでね。少しばかり昔の事、脳梗塞で二度倒れた事があってね、その結果、歩行と嚥下、排泄にと、後遺症を抱えているんだよ。
 歩行障害はね、最初の脳梗塞を乗り越えた後二年間ほど、親爺さんが付き添って毎日3時間以上、千葉市内を散歩してね。なんとか元どおりとはゆかないけれど、自力で買い物に行けるまでには機能回復したんだとさ。けれど二度目の発症で、今は片足を引きずるようにして数キロ歩くのがやっとでね。アタシと散歩することも叶わないんだよ。今は親爺さんが母さんの外出先近くまで車に乗せて行く事が不可欠なんだ。
 問題は排泄障害でね。外出した際、近くにトイレがないと間に合わないそうでね。最初は予備の下着を持ち歩いていたけれど、本人の意思ではどうにもコントロールできないらしくてね。しばしば公衆の中で立ち往生したんだとさ。

 親爺さんが何度もオムツを買ってきて、それを使用するよう勧めたけれど、意地を張り続けていたんだとさ。自尊心の問題らしいね。
 親爺さん、薬局やマーケットにオムツが大量に売り出されているところを母さんに見せてね、人は口には出さないけれど、オムツを使っている人が少なくない。そう説得したんだとさ。母さんと同様、病気が発症してやむなく。だから恥ずかしく思う必要もないとね。 

 今ではオムツは母さんの必需品さ。ほぼ100%身につけているよ。以来、足を引きずりながら毎日のように外出を繰り返しているんだ。リハビリと称してね。
 
 それでも店でオムツを買うことは、親爺さんにさせているけれどね。月に1万円を超える出費が悩みだとさ。  

« ホテイアオイ | トップページ | 運動会 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホテイアオイ | トップページ | 運動会 »