« 終日ジタバタ | トップページ | 日曜日 »

2018年11月 3日 (土)

お手伝い

  親爺さん、久しぶりにボランティア仲間からの招集が掛かったよ。
例年、この時期は親子防災キャンプ企画で東奔西走しているんだけれど、今年はそれは無し。NPOの今年度の事業計画には開催予定と記載されているんだけれど、親爺さんも他の誰も、開催に向け今年は積極的に動かなかったからね。ここら辺が店仕舞いの潮時。そんな雰囲気だね。

Dsc_0003
 
 今日、お声が掛かったのはパソコンと写真の師匠でね、フォトショップの親父さんが主宰する写真クラブが、旭市の文化祭で作品展示や賑やかしをするということでね、人手が足りない。そういうことなんだ。親爺さんもそのクラブに名を連ねているんだとさ。名目は旭市のイベントなんだけれど、裏話を聞けば、町村合併の消化不良が未だ解消されていないそうでね。実質的には合併前の町単位で、それぞれの公民館三ヶ所で開催されていたそうなんだ。処がそれに業を煮やした市当局が、来年度からは市統一のイベントで、会場も統合する。そう方針を打ち出したそうなんだ。つまりは公式イベントとしては、地域の人達にとって最後になるそうなんだね。

 高知市のよさこい祭で、市民実行委員会と市当局が対立している話は、ニュースにもなっているけれど、似たような雰囲気でね、師匠は、今後も従来通りにこの会場で、自分達だけになっても続ける。そう親爺さんに話しているそうだよ。

Dsc_0009

 今日の雰囲気を観察する限り、仲間の内輪の内覧会レベル。そう親爺さんは感じたとさ。だから市当局が合理化を図る意図もわからなくはない。けれど師匠の考えも分からなくはない。ということで親爺さん、極めて日和った姿勢でのお手伝いになってしまったとさ。

Img_7497

 今日の親爺さんが担った役目は、旭市のキャラクターのお守りだったとさ。「無理を言って役所から借り出したキャラクターだから、傷なんぞついたら困るよ」って、ボランティア仲間が繰り返し言ったとさ。

 「ありゃなんだね?」、「アサピーです」、「ふーん」。 「今の人達は誰?」、「市役所のお偉いさん達」。
 親爺さんが張り番しているキャラクターの前を通りかかった背広姿のそんな会話がね、耳に入ったとさ。自分達のキャラクターを知らないなんて、まさかね。

Dsc_0024

 「私とジャンケンして勝ったら、ミニトマトを一ケースプレゼントしますよ」。
自然に負けるって、結構難しいよね。幸いこの家族は二ケースゲット。

 

« 終日ジタバタ | トップページ | 日曜日 »

NPO活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 終日ジタバタ | トップページ | 日曜日 »