« マスク美人 | トップページ | ポット蒔きのスカシユリ »

2018年12月 7日 (金)

愚痴

 「エ!二千五百円?」。親爺さん、思わず聞き直したそうだよ。

 今日は朝からハッキリしない曇り空でね。夕方、少し西日が射した程度さ。
ここのところ、親爺さんの動きは現役時代並みでね。やれることは先延ばしにしないで確実に済ませてしまおうと、東奔西走しているんだ。今朝も孫のコーチャンを施設の送迎バスに乗せると、その足で9時を過ぎ開所したばかりのケアマネージャーのオフィスを訪ねて、介護保険の認定申請書を提出してね。
 ここで1分1秒を急いだからといって、三ヶ月はかかると言われる認定処理が早まる訳でもないんだけれど、この後、何が起こるか分からない我が家の最近の事情を考えるとね。

 その後は地元の警察署へ行ったんだとさ。
運転免許更新の申請手続きにね。結果は無事更新を果たして、今後3年間は車の運転を続けられることになったけれどね、今回の更新は足掛け三ヶ月がかりなんだよ。最初に認知症検査、次に高齢者講習の受講、そして今日の更新手続きとね。
 ”混み合いますから、お早めに”。そんな案内があったけれど、確かにそのようでね。今日を除けば前二回の講習は、いずれも小人数での講習だったから、近年の老ドライバーの増加に照らせば混み合っておかしくはないとさ。

 警察のカウンターの受付窓口でね、最近通い詰の病院の窓口に比べれば、なんとぶっきら棒な対応だろうかとは思うけれど、それでもこちらに選択できる余地はないから、「お手数かけます」。そう一言言ったとさ。
 「手数料を・・」・「おいくら?」。
どうしてコレッパカリの事で二千五百円も。一言言ったの?。
 「いや、黙って払ったよ」。所持金ギリギリでね。公共料金の高騰が半端じゃないよ。せいぜい千円以下のコストなのにね。
 今回の更新では受講料などを合わせれば、一万円近くかかったことになるんだとさ。70歳以前ならせいぜい3千円ほどで更新手続きはすんだよ。千葉市に住んでいたから、運転免許センターで半日でケリがついたよ。それが70歳を超えた途端にこれだ。老人には負担が大きいよね。

Img_7624

 文句でも言ったら、”いいんだよ。年寄りは運転などしなくても。そのほうが社会のためだ”。そう言われてしまうかもしれないよ。
 たとえそう言われても、今の暮らしじゃあ、車無しじゃ買い物も、孫の育爺仕事も、母さんの介護も。あれもこれも何もできない。そんな街に住んじゃったんだ。
 恥辱をしのんで・・・もっとも誰からも親爺さんに運転するなとは言われてはいないけれどね。
 
 実は親爺さん、運転は嫌いな方じゃないから、本音は更新できてホッとしている筈だよ。まあ、次回はどうなるかは分からないけれどね。

 母さんの入院以来、借りた車で走り回っているのだけれど、その車、悪い車じゃないよ。けれど地味なんだとさ。白い色で形も凡庸。病院の駐車場やモールの大規模な駐車場で、毎日、どこへ止めたのか分からなくなってね、探し回っているんだとさ。同じような車が横並びしようものなら、途方にくれるとさ。
 「どうかしましたか?」、「いや、車が行方不明で・・」。何度か駐車場の整理員が声を掛けてくれたそうだよ。こんな経験はいままでなかったことだとさ。

 
 

« マスク美人 | トップページ | ポット蒔きのスカシユリ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マスク美人 | トップページ | ポット蒔きのスカシユリ »