« 締め出し | トップページ | 摂食指導 »

2019年1月28日 (月)

訃報

Dsc_0012

 ここ数日、アタシは深夜から明け方まで家の外で過ごしているんだ。締め出されている訳じゃあないんだけれどね。自分の意思でそうしていると言われればそうなんだけれどね。
 外でなにしてるんだって。目の届く範囲を見張っているんだ。動くものや異様なものを目にすれば吠えてやるんだ。一晩中吠えているって?。そんなことはないよ。
 親爺さんはね、アタシが生理中で、雄犬を待っているんじゃないかってね。邪推だよ。アタシは発情なんかしていないよ。え!、見ている限りはそう見えるって。
 もういいよ。どうとでも思っていなさい。
 今朝は氷点下になったけれど風がないんで、アタシは屋外でも何とか凌いでいるけれど、親爺さん達はもう部屋の中で凍えているんだとさ。昼間はね、日当たりで居眠りできるほどの気候なんだけれど、だから暖房なぞしないままなんだ。
 それは親爺さんに返すけれど、自分の意思でそうしているんだろうね。
 親爺さん、日の出を何時も同じ場所、つまり定点から撮っているんだけれど、その場所が工事区域なんで、最近は色々位置を変えているんだよ。でも今日は久しぶりに定点から撮ったとさ。朝陽が顔を出す位置が、銚子大橋の橋脚部になっていたよ。日に日に顔を出す角度が東に向かっているんだね。日の出時刻も早まっているしね。寒いけれど、春は近いか?。

Dsc_0013
 処で親爺さん、Web のニュース記事で訃報を知ったんだとさ。
それがこの記事でね。
 
 田辺英蔵氏が死去 元後楽園スタヂアム(現東京ドーム)副社長 

 知る人ぞ知る。親爺さん、この方と個人的なお付き合いがある訳じゃあないけれど、一度、千葉市のヨットハーバーで開かれた小人数な講演会で、そのウィットとユーモアに富んだ話を聞き、一言質問もしたんだそうでね。とにかく大ファンなんだとさ。
 肩書きはニュースのとおりだろうけれど、親爺さんやヨット愛好家の間では、エッセイストとして知られているそうでね。親爺さん、現役の頃はそのエッセイをジャンルに関わらず買い求めて、同じヨットクラブのメンバー間で回し読みしたそうでね。台風で愛艇を失い、代わりの艇を海外のヨットハーバーに預けて、半年ごとにヨットで暮らす悠々自適の人生を送っておられるように見受けられたんだとさ。関東地方のヨット愛好家との親交もあって、しかし、距離が離れた分、エッセイも天上人的に親近感を欠いてね。親爺さんもヨットから離れた昨今、思い出すこともなかったそうなんだ。「亡くなってしまったんだね」。一言つぶやいたよ。そう言えば親爺さんの愛艇も、終活を迫られているんだけれど、母さんの入院でそのための蓄えを使い果たしてね、又振り出しに戻ってしまったとさ。見方を変えれば親爺さん、不動とは言えヨットのオーナー状態は続いているんだとさ。勿論、親爺さんが死んでも田辺さんのようなニュースにはならないさ。
 

« 締め出し | トップページ | 摂食指導 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 締め出し | トップページ | 摂食指導 »