« 嵐 | トップページ | レジ袋 »

2019年3月12日 (火)

3回目のミーティング

 東の空に雲が壁のように立ち塞がっているけれど、お天気は快晴。穏やかな朝だよ。利根川の川面には十数隻のシラスウナギの漁をする漁船が浮かんでいたよ。今月に入ってから、川面には流れを塞ぐように定置網が張り巡らされて、その浮きブイが川岸から数えられるんだ。ブイ10個ほどで川の横幅100m程の網が仕掛けられている様子さ。

Dsc_0039

 今日は親爺さん、母さんが入院しているリハビリ病院で開かれるミーティングに出席するため、朝から慌ただしく出かけたよ。入院以来3度目の会合だそうでね、母さんを担当する看護師や理学療法士さん達が、それぞれが担当するリハビリプログラムについて、先月来の進行状態を説明してくれたとさ。
 前回はケンニャンも同席したけれど、今朝は親爺さんだけ。

 説明された内容を大雑把にまとめれば、前回はリハビリに対する意欲に欠ける態度が見られたけれど、今月は、そのような態度は影を潜め、自ら動き出しているとの説明にね、親爺さん、ホッとしたとさ。けれど未だ、言われたらする。そんな感じだそうでね。まだまだだね。何より、室内の伝い歩きに前進は観られたけれど、未だ屋外へ出て歩くことは、今後とも期待薄だとさ。
 先日、独り廊下の外れのトイレに行って、看護師を驚かせたそうだけれど、本人は、それが出来るつもりで行動したらしくてね、”出来ると思えば出来る”ってことかしらね。

Dsc_0046

 次回までに親爺さん、母さんを車でどこかに連れて行くことを試みるそうでね。その様子をスタッフさんに報告することになったとさ。スタッフさん達は、車の乗り降りを想定した動作訓練をすることにね。ようやく病院のリハビリと家族のリハビリ参加の機運が生まれたと、スタッフさん達は笑顔で会合を終えたとさ。

Dsc_0030

 親爺さん、病院の帰途、紹介されていた老人介護施設の一つに立ち寄ったそうだけれど、施設の担当者不在でね、今週末、再訪のアポイントを取ったそうなんだ。けれどその施設は待ちのリストがあるそうでね。希望すれば即、とは行かぬ様子だとさ。

« 嵐 | トップページ | レジ袋 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵐 | トップページ | レジ袋 »