« 斜視 | トップページ | 入梅 »

2019年6月 6日 (木)

38週目

 親爺さん、可能な限り朝陽を利根川岸で迎えるようにしているんだけれど、芝生広場とその左右岸沿いで施工されている下水管渠の移設工事でね、今週初めからはとうとう岸にアクセスするルートが絶たれてしまったんだ。だから今朝はアタシんちから撮ったんだけれど、工事用の電線などが写り込んでしまって、多少画像修正を余儀なくされているよ。遠回りすればなんとか岸に出られるけれど、今より10分程さらに早起きしないとね。最近の朝陽はピンクっぽい色彩が増えているよ。多分空気中の湿気の所為なんだろうけれど、梅雨入りが近いのかもしれないよ。その意味じゃあ、朝陽と夕日を撮れる日は当分ないかもしれないよ。

Dsc_0008

 早起きというより眠りを中断される程の時間だけれど、昨夜もアタシの犬仲間のスピッツ犬のカールがね、あれは午前2時前だったよ。玄関先に居座ってね。もうカール自身の意思でなのか、飼い主の女性に煽られているのか、その事情を測りかねるアタシなんだ。それに対処する親爺さんも睡眠不足なのか、昼間、居眠りする時間が増えてね、ついつい母さんの様子見に老健施設へ行きそびれているよ。

 今日はマユちゃんが出産前の検診日でね、午前中は産院へ出かけて、その留守の間、親爺さんは家事に追われているけれど庭の草むしりも未だ未完でね、梅雨入り前にはなんとかしたいとさ。出産間近な妊婦さん、なにかと男にはわからない変調というか、振る舞いが増えるそうだよね。マユちゃんも異様にハイテンションなんだけれど、振る舞いや言動が時に気まぐれに見えてね。それに彼女が車を運転して遠出する、例えば昨日の千葉市行きなどではね、出先で急に産気づいたりしたらと、だから親爺さんが同行しているんだ。まあ、これまでの処は手出しの要はないけれど、大きくなったお腹がつかえて運転に荒さが目立つようにはなっているとさ。

Dsc_0010_1

 妊娠38週目に入って、診断では順調な進捗で、ここから先はいつ産気づいてもおかしくないとさ。にもかかわらず彼女は息子のコーチャンの発達障害関連の支援プログラムの受講で、息子共々東奔西走が予定されていて、週末には千葉市へ行くことになっているんだ。彼女はこの事態でもそれを敢行する気らしくてね。ケンニャンも心配して、だから親爺さんも自発的に同行サポートすることにしているんだとさ。産気付いた場合は親爺さんが彼女に代わって、単身で対処する事態も考えられるとさ。とにかくそんな訳で親爺さん、自分の時間であっても、しかし自分の勝手にもならない在宅待機の日々なんだ。

« 斜視 | トップページ | 入梅 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 斜視 | トップページ | 入梅 »