« 外出 | トップページ | 脱オムツ作戦 »

2019年9月29日 (日)

9月最後の日曜日

 もう直ぐ10月。そう言えば誰かが話していたよ。台地の農道沿いにヒガンバナが咲いていたって。秋だね。今朝は朝から曇り空。利根川の川面じゃあ、ディンギーヨットがレースをしていたよ。屏風浦の波打ち際じゃあ、沖からのウネリに乗ってサーファーが”未だ夏に未練あり”って遊んでいたよ。

Dsc_0044_20190929133901

  処で昨日のお宮参り、心配を押して介護施設から母さんを引っ張り出して、本人はどうだったのかしらね?。マユちゃんがね、後から施設にうな丼を届けたそうだけれど、その時の話ではとても喜んでいたとさ。うな丼を?。それもあるだろうけれど、なにより皆に会えたことで、なぜか涙を流していたとさ。感情が高ぶったんだろうね。疲れただろうけれど、本当に嬉しかった様子だとさ。先ずはなによりだったね。

 そんな事で母さんはこれで一段落。今朝は親爺さん、久しぶりに教会の日曜礼拝に出席すると言い残して出かけて行ったよ。母さんの特養入所が申し込み僅か3ヶ月で成った事をね、神様に感謝するためだとさ。待機の列は結構並んでいる様子だけれど、異例の早さという印象でね。単に並んだ順というより、本人と介護する家族の事情を汲んでの入所決定だそう。その意味では、施設側が我が家の説明を深刻に捉えてくれたんだろうね。それにしても「お宅の爺ちゃん、認知症でヨレヨレ?。聞いているよりシッカリしてるじゃないですか」とマネージャーさん。いやいや、結構いかれているんですよ、見かけはともかく。

Img_8508

 親爺さんが教会から戻って来た後は、およそ安息日らしからぬ騒々しさで。二人の孫が相次いでの自己主張。両親はヘトヘトでね。結局親爺さんがコーチャンを公園に連れ出して夕方まで遊ばせていたんだ。

 「お届け物です」。宅配さんが、親爺さんが待ちかねていた品物を届けてきたよ。デジタル一眼レフカメラのバッテリー充電器だとさ。確か二年にはならないだろうけれど、バッテリーの充電ができなくなってね、純正品の充電器を購入したんだ。けれど先々月、再びバッテリーの充電ができなくなってしまってね、カメラ購入時だから既に15年近く使い続けていたバッテリーの寿命を疑ったんだとさ。取り替えるにしても結構な値段だからね。だから安価な汎用品、つまり中国製のバッテリーを購入したんだ。処がそれを充電できない事態に。

 やはり充電器に問題がありそうでね。結局、純正品のバッテリーチャージャーを渋々再度注文したんだ。夏以来、バッテリーの残容量が尽きた後は、過去に撮った写真やスマホで撮った写真をブログに載せてお茶を濁していたんだとさ。それで済むならそのままでいいじゃないか。ダメなんだとさ。リアリティーに欠けるし、日々写真を撮る気が薄れるとかでね。

 明日から再び一眼レフカメラで日の出を撮れるってうかれているよ。その拘り、アタシには理解不能さ。 

 

« 外出 | トップページ | 脱オムツ作戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 外出 | トップページ | 脱オムツ作戦 »