« 青い花 | トップページ | 子育て »

2019年9月 4日 (水)

できるかな?

 今朝の気温は24度。親爺さんにとっては少々肌寒いそうだよ。昨日から北東からの”やませ”の風が未だ吹き続いているからね。そんな日の空はお決まり通り、厚い雲に覆われているよ。でも、先月のあの暑さよりはずっと良いよ。

Img_8340

 昨日、親爺さんは買って来た新米を家族皆でいただいたとさ。で、どうなの味は?。皆は親爺さんが「今夜のご飯は新米だよ」と告げなければ、そのまま無造作に食べ終わっていただろうとさ。何故って、マユちゃんは子供の世話でクタクタ。ケンニャンは学校にやってきた父兄と、遅くまでのやり取りに疲れ果てて帰宅したんだ。二人とも食事を楽しむには遠く、味もわからなそうでね。

 ご飯と言えば先々週辺りから発達障害児のコーチャン、お米のご飯を一口も受け付けなくてね。毎食ビスケット。夜はそれに焼いたシャケの切身。味噌汁のワカメ。それだけしか食べようとしないんだ。相変わらず元気だから、さしあたっての危機ではないんだけれど、長期的にはね。海外では、フライドポテトばかり食べ続けた青年が、視覚障害になったとか。心配さ。

 2歳ごろまでは、他の幼児同様の食生活で、むしろ旺盛な食欲の持ち主だったんだ。それが次第に偏食。というより、今まで食べていた食物を、ある日から突然拒否するようになってね。今では、彼が受け入れる食物を見つける事に家族が懸命さ。特に食材担当の親爺さんはね。専門家が言うに、発達障害児の特有の症状だとさ。どうやら味覚での嗜好ではなく、触覚による良し悪しらしいんだ。

 触覚といっても様々だけれど、現時点ではビスケットや煎餅。コロッケのようなサックッとした感触の食物だけ口にするんだ。発達障害児のもう一つの症状は、手先が思うようにならないらしくてね。例えば手を添えて靴を履いたり、シャツのボタンを留めたり、スプーンを使ったり。だから周囲の手助けが必要で、本人はマネキンに衣装を着せるように、なすがままなんだ。どうやら、着替えるための手順や、スプーンで食物を掬い取って口に入れる動作。そういった指示が脳からうまく手足に伝達実行されていない様子でね。

 だから施設や保育園、勿論家庭でも辛抱強く、そう、犬に芸を仕込むようだね。本人ができるまで励まし続けているんだけれど、徐々にできることが増えている。それが家族の喜びさ。

 今日は、両端を捻って包装されている煎餅があるよね。よくお茶受けに添えられている小指ほどの細いあれさ。コーチャンは、その包装を開けないんだ。だからいつも”開けて”と持ってくるよ。「開けて」と言わないんだ。「あ〜あ」としかね。多分、今は言えないんだろうね。それを何とかしようと親爺さん、袋入りのその煎餅を買って来て、皿に盛り付けてね、本人を誘ったよ。「両端を強く引っぱると、ほら、隙間が出来た。そこに指を入れて・・」。指示としては、これでも難し過ぎるんだね。少しでもできそうなら、励まし褒める。本人が出来ないと投げ出さぬようにね。発達障害児の多くは、出来ないことがあって、それを周囲から責められたと感じると、即パニックを起こしたり、コーチャンの場合、自分の頭を柱に打ち付けるんだ。

 最近の親爺さんの1日は、こんな孫守りと家事が断続的に続くんだよ。今月に入ってからは、赤ん坊をバギーに乗せて、部屋の中を行ったり来たり。バギーを止めると「ぎゃ〜」。

 処で旧ブログが未だ掲載されているよ。メールも来るよ。昨日、インターネット・プロバイダーのNiftyから請求書が届いたよ。まあそれは8月分だったから、おかしくはないんだけれど、ひょっとして来月には9月分がくるかも・・。それとも解約手続きが完了していなのかも。光回線がNTTからKDDIに変わっても、ブログの掲示もメールもこれまでと変わりないようだから、やはり「回線を乗り換えれば削除です」という説明は、技術的理由ではなさそうだね。変わりなく支えそうだからといっても、既に橋を渡ってしまったからね。親爺さん、元の鞘に戻る気はないとさ。

 

« 青い花 | トップページ | 子育て »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 青い花 | トップページ | 子育て »