« 身の上話 | トップページ | 外出 »

2019年9月27日 (金)

とりとめなく

Img_8489  

   ヨット桟橋の先端にダイサギが留まっていたよ。アタシが近づくと慌てて飛び去ったけれど、両羽を広げると意外と大きいんだね。先週来、利根川の方角からギャーギャーと鳴き声が聞こえているけれど、気がつけば冬鳥が川面に点々とね、浮かんでいるよ。カモじゃないかな。

 「近頃1日1日がアッという間に過ぎてゆく感じ」。親爺さんが述懐しているよ。今日は久しぶりに自分の時間を過ごしている親爺さん、午前中は30年ぶりの歯科治療、その3回目でね。欠けた歯の型を取って、次回は金属のカバーをつけるとか。午後は金魚の水槽を空にしての水替え。後は居眠りしていたよ。そうそう、庭でネモフィラの種まきもやっていたよ。例年はポットに蒔いて、発芽して冬をそのままで越した後、春先に庭へ地植えするんだけれど、今年は試しに直播きしてみるんだとさ。吹けば飛び散る程に微細な種だから、どうなるか。来月には今迄同様、ポットにも蒔いておくそうだよ。

 種と言えば親爺さん、スカシユリの増殖を試みて5年目だけれど、ここにきて重大な疑問が出てね。ひょっとして親爺さんが採種して蒔いているものは、スカシユリの種じゃなく、もっとも毛嫌いしている外来植物のタカサゴユリじゃないかとね。種を蒔いたポットをそのまま地植えしたら、タカサゴユリが伸びてきたんだ。否定の仕様がないよ。スカシユリはオニユリのようにムカゴはできない。だから種でと考えていたんだとさ。ひょっとしたらスカシユリ、チューリップやスイセンのように球根の分球で増殖するのかもしれない。そう思うようになってきたとさ。じゃあどうする。さすがに自生地で株を掘り出すわけにもゆかないしね。このプロジェクトは行き詰まりだろうか。

 そんなことを思い巡らす内に、コーチャンのお迎え時間だ。やっぱり1日24時間は短いとさ。

« 身の上話 | トップページ | 外出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 身の上話 | トップページ | 外出 »