« 何事もなく | トップページ | 家族団らん »

2019年11月18日 (月)

12 Angry Men

   今朝は前線が通過したんだろうね。真っ黒な雲が押し寄せて来て、散歩の時は大丈夫だったけれど、お昼前にかけては強い降りになったんだ。雨は午後に入ると止んだけれどね。けれど朝から吹いていた南風が夜になっても増す増す強く吹いているよ。

 そんなお天気だからというわけでもないけれど親爺さん、今日は自室に籠もってインターネットで古い映画を観ていたよ。なんでも1950年代に製作されたアメリカ映画というから、親爺さんにしても封切りで観てはいないそうでね。渋谷にあった東横会館の映画館の絵看板が記憶にあるそうだよ。その枠品を観たのはテレビの洋画劇場じゃなかったかとさ。その時は高校生だったか、それ以降だったか、ともかく昔の事ゆえ記憶は曖昧だとさ。

Dsc_0031_20191118221501

 映画は陪審員裁判を描いた作品で、かなり知られた作品なんだそうでね。無作為に選ばれたアメリカ市民12名が、父親殺しの嫌疑をかけられた黒人の少年を裁くのだけれど、選択肢は有罪か無罪。有罪なら死刑という裁判なんだとさ。12名の陪審員は、それぞれの事件に対する心情や、証拠から推察される事件の粗筋などを基に、議論するのだそうでね。親爺さん、日本で裁判員裁判制度がスタートしたというニュースを聞いた際も、この映画を思い出したんだとさ。

 先週、親爺さんのもとに封書が届いてね。最高裁判所からの通知なんだ。発送先が先だから親爺さんビックリ。知らない内に誰かに訴えられたのかしら。まさかいきなり最高裁判所はないだろうとね。恐る恐る開封して書面を見たら、”あなたは裁判員候補者名簿に記載されました”、とさ。

 確か選挙人名簿を基に無作為に抽選で選ばれる。だから選挙権がある成人なら誰でも抽選で選ばれる可能性はあるのだけれど、まさかね。宝くじで当選券に当たる確率より低いんじゃない。

 ビックリしたけれど冷静になってみれば、候補者名簿に記載されただけで、未だ具体的な事案が示された訳でも、裁判員に決定した訳でもないのだから、騒ぐようなことでもないよね。もっとも具体的な事案の裁判員に選定されたりしたら、こんな話をブログには触れられないとさ。他言無用な話さ。

 そんな訳でね、親爺さん、インターネットで検索したら古い映画だけれどアップロードされていたそうでね、だから独り観ていたんだとさ。

« 何事もなく | トップページ | 家族団らん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 何事もなく | トップページ | 家族団らん »