« 青天の霹靂 | トップページ | 11月、日曜日 »

2019年11月 2日 (土)

告知

 今朝の気温は16度。北からの強い風が吹いているよ。けれど昨日に続いて今日も秋日和に恵まれてね、台風シーズンも終盤ということで親爺さん、ここ数日来、庭や玄関先に置かれた植木鉢の草花を植え替えているよ。本来ならマリーゴールドやキクの花が盛りなんだろうけれど、台風の被害は深刻でね。アタシんちなんぞはマリーゴールドは潮風に溶かされて、影も形も無くなっているんだ。先日の花壇コンクールの講評でも審査が今頃なら、それこそ台風で花壇そのものが消失して、コンクール審査どころじゃなかったかもしれない。そんな声があちこちで出ていたよ。

Dsc_0029_20191102165901

 ま、ともかく無事に事業を収めることができて何よりさ。今回はパンジーやビオラなど、本来は春に開花する草花を近所の生産農家から買ってきて、それを庭や玄関脇に植え込んでいたよ。やはり花がある光景は良いものだねえ。

 今日は親爺さん、千葉市へ出かけたよ。最近の親爺さん、月平均で4回程千葉市へ出かけていることになるんだけれど、今月もそんなペースだね。今日はいつもの発達障害支援プログラムを受講するコーチャンと母親のマユちゃん、生後5ヶ月目に入ったアキちゃんに同行したんだ。同行して親爺さんが何をしているかと言えば、昨日の小児言語療法受講でもそうだけれど、その時間中、アキちゃんを抱いて施設内をうろうろしているんだ。それだけさ。多分、親爺さんがコーチャンに同行することで済んでしまうのだけれど、マユちゃん、母親として、どうしても息子の受講に立ち会いたいとね。赤ん坊連れての参加だから、誰かが赤ん坊をあやしたり、オムツを取り替えたりね。今日も時間中にアキちゃん、ウンコをしてね、親爺さんがオムツを交換していたとさ。他人には見せられないシーンだね。

 処で昨日の青天霹靂な知らせはね、マユちゃんの父親が診断で癌が発見されたんだ。進行性でステージは未だ告げられてはいないそうなんだ。近頃は癌がストレートに告知されるんだね。昭和の頃、物の本などでは本人に癌告知する是非を論じた文章が掲載され、親爺さんもそれを真剣に読んだそうでね。つまり直接の告知に躊躇いがあったんだね。なにより告知された本人の動揺が案じられていたからだそうでね。

 周囲の話では、最近は診察室で写真を見せられ、「ここに癌が・・・」とストレートに告げられる事例が普通だそうでね。事実がそうなら、生半可な曖昧さを残すよりは、家族の取り組みが明確になって無用な配慮をしなくて済む、とは思うけれど、本人は当然動揺しているだろうね。親爺さんは母親の動揺を電話越しに感じたそうなんだ。

 マユちゃん、千葉市から戻った今夜、実家に出向いて家族会議を開き対応を相談するそうなんだ。親爺さんはね、手術の腕もさることながら、闘病を支えるについて家族の手がとどく範囲の病院を選ぶよう彼女に助言したとさ。親爺さん自身、父親の闘病で、遠隔地故にその看病に悔いを残したそうでね。

 さあ、長女としてマユちゃんがどう行動するか、その間、子供達のケアをどうするか。親爺さんにも少なからず影響する事態だよ。

 

« 青天の霹靂 | トップページ | 11月、日曜日 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 青天の霹靂 | トップページ | 11月、日曜日 »