« 群舞 | トップページ | 面会禁止 »

2019年11月25日 (月)

予防処置

 久しぶりに日の出を眺めたよ。今は工事施設も撤去されて、以前の芝生広場に戻った利根川縁で日の出を眺めていた親爺さん、この写真を撮影した僅か10分程の間に、濃い川霞に周囲を包まれてしまったとさ。風もなく暖かな朝でね。川面から霞が湧き上がっていたんだとさ。その所為もあってか、目に付く物は殆どが濡れて雫を垂らしていたよ。気がつかなかったのか、昨夜、雨でも降ったのかな。

Dsc_0008_20191125173301

 親爺さん、今朝のような柔らかな日の光が好きでね。岸辺に潜んでいたんだろうね、オオバンを驚かせてしまったらしく、親爺さんの足音に驚いて飛び出したとさ。

 本当に静かな月曜日だったよ。お天気を除けばね。いやはや、空が晴れたと思えば俄雨が降ってきたり、夕方近くには前線が近づいたのか、風が吹き出してね。それも北寄りの強い風さ。それまで親爺さん、長袖シャツで動き回っていたけれど、風で気温が下がったからと、セーターを着込んでいたよ。今夜はこのままどうなるんだろうか。

 処で今日は親爺さん、レギュラーワーク以外、これといった予定はなかったんだ。屋外仕事にはお天気も不都合だったから、”母さんの施設にでも様子見に行くか”。そんな雰囲気で家を出たそうなんだ。けれど途中で雨脚が強くなって嵐の気配にね、だから車を止めて様子見する内に居眠りさ。数十分経って目が覚めたら、どこへ行くつもりだったのか忘れてしまったらしくてね。結局家に戻ってきてしまったんだとさ。その話を親爺さんから聞いたアタシは心配するよ。いよいよ親爺さんもボケ始めたのかとね。「否、目が覚めた時、買い物して補充しなければならない物があることに気がついてね。お天気もお天気だから、施設は明日にしようと・・・」。そう親爺さん、言うんだけれどね。

 家に戻った親爺さんにマユちゃんが「ケンニャンに特養施設から電話があって、施設内でインフルエンザ流行の備えとして、来年二月一杯、面会をお断りすることに・・・」。行っとけば良かったのに親爺さん。

 3ヶ月も会えないんだよ。その間に認知症が進行するかもしれないし・・・。インフルの予防注射は済んでいる筈でしょ。まあ、あそこに入所している人達には、致命傷になりかねないしね。しかたないよ。

« 群舞 | トップページ | 面会禁止 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 群舞 | トップページ | 面会禁止 »