« 来客 | トップページ | 仲間意識 »

2020年1月27日 (月)

持って来るのを・・

 関東地方は明日、雪になるかも・・・。そうなんだってね。今日は朝から曇り空。冷たい北寄りの風が吹いて何時降り出してもおかしくない空模様さ。親爺さんと散歩に出て、何とはなしに空を見上げたら、大型の鳥が編隊を組んで飛んでったよ。「白鳥かもしれない」と、親爺さんが呟いたよ。

 月曜日の朝、家族はそれぞれ支度を済ませた出かけて行ったよ。いかにもかったるそうな雰囲気でね。昨日の来客が効いたんだね。盛んに「疲れた疲れた!」と言いながらだよ。アタシが観た処、来客が連れてきた二人の幼児のうち、6歳児が今はギャング・エージ真っ最中でね。コーちゃんのオモチャを最後には奪い取ったり、家中を走り回ったり。その児のお母さんの大変な様子は、観ているこちらも疲れ果ててしまったよ。

 そんな日の翌日さ。何かとストレスを鬱積させているアタシだからね。親爺さんにサインを送っているんだけれど気づかない。だから最近、腹いせにオシッコを床にしてやるんだよ。今朝もそうしてやったんだ。直ぐに親爺さん、アタシのご機嫌取りに寄って来るかと思ったら、逆だったよ。垂れ流したオシッコの始末に没頭して、アタシを睨んでも声一つ掛けずさ。

 そんな不穏な雰囲気を残して親爺さん、出かけてしまったんだ。何でも母さんに暖かい衣類を差し入れするためユニクロへ行ったとか。母さん、結構見栄張りでね。「ユニクロなんて・・・」。親爺さん、そんな母さんの意を聞かず、今はユニクロの機能性衣類が現環境には一番相応しい。そう思っているらしいよ。

 処で親爺さんが出かけた一番の用件はね、今朝方見かけた白鳥と思しき編隊の行き先を確かめると言うんだ。隣町の干潟地区の稲田のどこか、なんだけれどね。先日見かけた場所へ行ってみるそうでね。

 と言っても以前のように、施設のホームページで情報発信するという、取材目的がなくなった今、単なる親爺さんの好奇心なんだ。だからそれだけで車を走らせるには気がひけるとかでね。家族の買い物を用件に、少しばかり寄り道を。そんな名目でね。

 用向きを済ませた後、親爺さんは稲田の中を通り抜ける農道に車を乗り入れたそうなんだ。丁度折良く鳥の群れが頭上を飛んだとかでね。その行き先と飛来した方向を念頭に車の向きを変えていたそうだよ。一畝程度の稲田にざっと観て数百羽の白鳥が落ち穂拾いするんだから、多分、直ぐに落ち穂は尽きるだろうね。だから、白鳥達の餌場は日々変わる筈さ。先日の稲田は案の定、何もいなかったとさ。

Dsc_0127_20200127182201

 それでも諦めずに走り回ったそうだよ。そしたら運良く、見付けたんだ。水が張られていたんだろうね。周囲が乾いた乾田に囲まれた一隅に水が溜まっていたんだとさ。そこに数百羽の白鳥が、それこそ泥んこ遊びでもしているように、泥を跳ねさせて、何かを競うように啄んで居たとさ。親爺さん、そこで気がついたんだ。カメラを持って来ることを忘れた。確か、家を出る時持ち出していた筈なんだけれどね。

 アタシはね、それが玄関の床に置きっ放しになっていることを知っていたよ。最近、親爺さんはしばしば忘れるよ。ボケじゃあないと思うよ。緊張感が欠けているんだね。

 そんな訳で、白鳥達の間近に近寄れて、よい撮影チャンスもあっただろうけれど、生憎さ。

« 来客 | トップページ | 仲間意識 »

生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 来客 | トップページ | 仲間意識 »