« 仲間意識 | トップページ | 引きこもり »

2020年1月29日 (水)

エピデミック

 昨夜は案じていた激しい雷も雪もなく、まあ、雨が降っただけですんだよ。雷恐怖症のアタシは、それでも一晩中家の中をウロウロしていたんだ。何か寝つかれなくてね。同じことはコーちゃんもそうだった様子でね。普段通りにベッドに上がって眠りに付いたそうだけれど、深夜から明け方にかけて都合三度も突然起き上がったそうでね。その度に親爺さんが声をかけて、親爺さんの寝床に招き入れたりベッドに載せたりとね。母親が添い寝していた赤ん坊のアキちゃんも、何故か深夜に関わらず眠ろうとしなかったそうでね。結果的に家族全員、眠りは浅かったとさ。

Img_5715

 何だろうか。雷はともかく昨夜は皆が目覚めるような何かがあったんだろうかね。親爺さんはそれを風向きの所為だと言うんだ。確かに朝方は生暖かい南からの風が吹いて、気温も上がって居たから、寝苦しかったのかもしれない。その風が吹く以前は冷たい北東風だったからね。

 処で世間は今、新型肺炎の話題で持ちきりだね。持ちきりと言ったって、歓迎しての持ちきりでは勿論ないよ。今回の話題に関係して親爺さん、ネットの記事から新しい言葉を知ったとさ。”エピデミック”という言葉なんだとさ。それ以前、SF映画などで地球滅亡をストーリーにした物語にね”パンデミック”という単語がしばしば耳に残っていたそうでね。強力なウィルスが研究施設から屋外に漏れ出して、アッと言うまに地球規模で感染地域が広がってゆく。それを何とか押さえ込もうと主人公達が活躍する。そんな映画物語だとさ。

 映画では、主人公や僅かな人達の活躍でウィルスに勝利するんだけれどね。今回の新型肺炎の感染拡大は、特定の地域からあちこちに飛び火して、そこを火元に再感染地域が広まって行く。そんな様子をエピデミックと言うんだとか。まあ言葉遊びはともかく、映画が現実化しそうで怖い状況だよね。

 銚子を含め千葉県の東総方面で最近緊張がもたらされたのが豚コレラのニュースだよ。千葉県内で豚コレラが発生した訳ではないけれど、それ以前にもやはり緊張が走った鳥インフルなど、酪農が主要産業の一つであることから、ウィルス感染については とても敏感な地域でね。今回は家畜が対象ではなく人から人への感染だからね。都会ほど人口密度はないけれど、元々肺炎には弱い高齢者の多い地域だから、感染の拡大には気が気じゃないよ。

 こうなると、インフルエンザの感染に備えて世間から隔離策をとる、母さんの入居しているような施設が安全地域かもしれない。まあ、だからと言って医療施設に逃げ込む訳にも行かないけれどね。これは口が滑った。不謹慎だね。 

« 仲間意識 | トップページ | 引きこもり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仲間意識 | トップページ | 引きこもり »