« 春間近 | トップページ | 予防法 »

2020年3月 7日 (土)

卒業

 「あれ、明日じゃないの?。書類にはそう書いて・・・」。「先生達、ネクタイ締めていたよ」。毎週土曜日のコーチャンの発達障害のサポート講座に出席して千葉市からの帰路、マユちゃんの勤務する中学校の脇を通ったケンニャン、そんなことを言ったよ。今は産休の身ゆえ、気にする事でもないと思うけれど、彼女は妙に慌てていたんだ。卒業生へのお祝いのメッセージを送ったらしいけれど、卒業式を中止したり日程を変更する学校もあってね。しばらく離れているから、彼女の学校がどういう判断をしたかは蚊帳の外なんだ。

2010-107

 一方ケンニャンの学校の場合、町に唯一の中学校故、町長を始め地元の名士が列席するそれなりに格式ある卒業式が慣例なんだそうでね。今年は卒業生と保護者、教職員のみの参列で、在校生は不在となりそうなんだとさ。だから「可愛そうだね〜」というのがケンニャン夫婦の思いなんだね。

 卒業式がどういうものなのか、犬のアタシが知りようのない場面だけれど、親爺さんも神妙な顔でケンニャン夫婦のやり取りを聞いていたから、そういうことなんだね。以前、親爺さんより年上の世代の人達が、戦争でできなかった小学校の卒業式を、数十年の歳月を経て、皆老人になってしまったけれど再現した。そんなニュースがあったそうだけれど、それほどまでに卒業式への思い入れは大きいんだね。「卒業式をするために入学するようなものだからね」。親爺さんはそう言うんだ。

 一方、コーチャンの保育園も卒園式が中止になってね。見送りの列に並んで大人しくしていなければならないコーチャン。それが苦手でね。それでも何度も式場に並ぶ練習で、「コーチャン、静かに席に座れるようになりました」。保育士さんが迎えに訪れた親爺さんに話したとさ。

 「ひょっとしたら、今日見た学校の光景は予行演習だったかもしれないね」。「予行でネクタイを?」。

ケンニャン達の会話はもう少し続いていたんだけれど、アタシは新鮮な空気を吸いたくて玄関の外へ出たよ。

« 春間近 | トップページ | 予防法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春間近 | トップページ | 予防法 »