« 腰痛 | トップページ | 初 »

2020年5月13日 (水)

野の花

 気分的に自粛が緩んだのか?。ニュースを見るとそんな記述が増えているよね。親爺さんもアタシも、世間に顔を出すような存在じゃないからね、家にいることが普通の日々なんだ。だから話に出す程には自粛に疲れるなんて感じではないんだよ。ここ最近、親爺さんが人と言葉を交わすとすれば、コーチャンがらみで施設のスタッフさんとの遣り取りぐらいだろうね。買い物ではせいぜい「ありがとう」ぐらいしか口を開かないとさ。元々無口な方でね。

Dsc_0021_20200515063101

 * ヒナタツキミソウ

 処で急に暑さを感じるようになって、それに呼応するように庭の植物が花を開いているんだ。ほとんどが草本類だけれど、一斉に咲き出して、今は春先の花から初夏の花に入れ替わっているよ。潮風に痛めつけられて樹木は相変わらず息も絶え絶えだけれど、草花は今年は当たり年だね。こんなに多かったっけ?。そう思うほど多様な花が咲いていてね、花爛漫という感じさ。

 そんな、親爺さんの手による花ではなくて、野生化している植物が家の周辺にお花畑状になって散歩を楽しいものにしているよ。野生化した帰化植物だよね。

 何度か紹介したけれど、リナリアやマツバウンランが最盛期を過ぎて今は橙色の花のナナミノヒナゲシ。そして今週に入って急に開花が目立っのがヒナタツキミソウとビンカだね。

 今の時季に咲く花で空き地や道端で見かける花の多くは、その形がアサガオのようなラッパ形状でね。ヒナタツキミソウもそうなんだ。庭に植えた草花ではペチュニアが同じ様な形状さ。

Dsc_0018_20200515063101

 どうしてだろうね。花が多い時季だから、昆虫を呼び込むには控えめな花よりも雄しべ雌しべを剥き出し群生したほうが、受粉の可能性が増えるからなんだろうか。親爺さん、家の前の空き地に向かって写真を撮っていたけれど、その花の名前を聞いたら答えられなくてね。最近は調べているようだけれど、忘れてしまうんだね。

 家にいるだけだから話題も先細りさ。だから今日は他愛のないことをブツブツ呟いてしまった。時間を無駄にさせてしまってゴメン。 

« 腰痛 | トップページ | 初 »

植物徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 腰痛 | トップページ | 初 »