« 晴れ間 | トップページ | 残暑 »

2021年8月24日 (火)

夏も終盤

Dsc_0240

 例年の夏なら、”ミズバショウが咲いていた。遥かな尾瀬・・”って歌をどこかで聞くんだけれどね。今年は誰もが、そんなのどかな気分じゃあないのかもしれない。ミズバショウはともかく、青い小花のツユクサなら家の前の空き地に咲いているよ。

Dsc_0214

 今の時季、大地の畑は端境期なんだね。栽培されていたトウモロコシやヒマワリがトラクターで耕され、その後には牛糞堆肥が耕し込まれているよ。冬の乾燥期なら強い北西風で砂塵が舞い上がるんだけれど、台風の強い雨で畑土が流される。農家はそんな心配をしている頃さ。それでも来月末には、キャベツの苗が植え込まれる筈さ。

Dsc_0201_20210824144101

 台地とその下の沖積地。その境目は谷津田になっているけれど、そこに植えられた稲が色づいて、穂が重く垂れているよ。

Dsc_0234

 昨日、親爺さんが隣町にある母さんの入所している特養施設を訪ねたんだ。ガラス越しで電話片手の、まるで刑◎所の面会のようだけれど、コロナ感染を怖れての処置だからしかたがないよ。せめてこの夏が終わらぬ内に一度は・・ということで、面会の予約に訪れたんだ。

Dsc_0226

 その施設の全面、利根川に面した稲田では、稲刈りが始まっていたとさ。まるで漁船の航跡に舞うウミネコやカゴメのように、稲刈り作業のコンバイントラクターの周りを、ゴイサギが取り囲んでいたとさ。もう夏も終わるよね。

« 晴れ間 | トップページ | 残暑 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 晴れ間 | トップページ | 残暑 »