« 犬、後日談 | トップページ | 今日は・・・ »

2021年9月21日 (火)

"座”

 利根川の川面を銀色に染めて昇ったまんまるい月だけれど、余り間をおくことなく雲にかくれてしまったよ。今夜は十五夜なんだってね。犬のアタシに十五夜なんて意味が分かる筈もないけれど、それでもしばらくは親爺さんに付き合って、明るい満月を眺めていたよ。

Dsc_0336

 親爺さん、ここ最近は十五夜も十三夜もすっかりご無沙汰らしいけれど、その昔に勤務していた農業公園でね、園内に建つ古民家を舞台に、十五夜のイベントを主宰した経験があるそうでね。知人に琵琶をたしなむ人がいたそうで、その人が古民家の座敷に陣取って琵琶を演奏したそうでね。口コミで知った公園のご常連がね、三々五々集まって、琵琶の音を耳にしながら、皆で月を眺めていたとさ。

 その翌年、それならアタシも・・・ってね、琴を持ち込むご婦人が加わって、そしたら果物やススキを持ち込む人もいて、すっかり良い十五夜のイベントが出来上がったとさ。親爺さんがその公園に勤務した3年間、月見だけでない季節催事をいろいろと、それも有志の持ち寄りでね。良い思い出だとさ。

 同じような思い出で、親爺さんが子どもの頃に住んでいた奈良県の片田舎。最近では明日香村や今井町が古代遺跡や歴史的建造物で知られているけれど、そちらの方だとさ。親爺さんが住んでいた町内では、十五夜の夜になると、町内の神社に町民が手料理ぶら下げて集まるそうだよ。で、その年の収穫物、十五夜では野菜や果物だね。それを神殿と言っても掘っ建て小屋規模だけれど、そこに備えるんだ。そして皆が持ち寄った料理、当時は戦後の貧しさから抜け出てはいなかったから、あくまでも町内の収穫物で作ったささやかな料理をね、境内に敷いたムシロに並べて宴会さ。老若男女、皆で月を眺めながらでね。親爺さん達子どもは、もっぱらサトウキビや煎餅を手当たり次第にね。

 団子はないよ。十五夜の頃は、もち米は未だ収穫前だからね。餅、ダンゴが作れるのは十三夜の頃になるんだとさ。親爺さん、月を見ながらアタシに話してくれたよ。家族にもその話を?ってきいたら、「家の若い数はそんな昔話に耳をかさないだろう」ってさ。「その集まりを確か”座”と呼んでいたとか」、と親爺さんが言ったよ。

« 犬、後日談 | トップページ | 今日は・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬、後日談 | トップページ | 今日は・・・ »