« 2021年12月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年1月

2022年1月24日 (月)

手仕舞いしたヨットライフ

 早いもので、もう一月もあと一週間を残すだけ。

 親爺さん、ここ数日は千葉港の船溜りに係留中のヨットから、親爺さんの40年近いヨットライフで運び込んだ、そしてゴミと化した品々を運び出してね。それらを銚子に持ち帰って、今日は朝からクリーンセンターに運んで行ったよ。

 親爺さんの終活の課題の一つであったヨットについて、今では水に浮いてはいるけれど、言葉通りの”塩漬け”状態でね。エンジンも何もかもが本当に塩にまみれて不動状態なんだとさ。そうなる発端は、親爺さんが単身赴任の職を選んで千葉市を離れた十数年前にあるんだ。それまでは毎日のように千葉港の愛艇に通って、その船室を自分の隠れ家にするほどでね。船内外はどこもピカピカ。動かすものはスムーズに。動いてならないものはしっかり固定されていたそうでね。

 それこそ1日東京湾を帆走らせては2日間整備にあたる、そんなヨットライフだったそうでね。

 そう、当初は引退者の再挑戦ぐらいに考えての職として、だから毎週千葉に帰宅した折に艇の面倒をみればなんとかなる。そう思っていた親爺さん、しかし仕事は施設の責任者。月に一度の帰宅もままならなくてね。そうこうするある日、あの3.11大地震が起こったんだ。親爺さんが千葉港の愛艇を訪ねられたのは1ヶ月も後になったそうでね。その親爺さんが目にした光景は、地震により近くの製油所から漏れ出したオイルが海面を漂い、船溜りを真っ黒なオイル溜まりに変えてしまったんだとさ。同じ時、アタシは千葉港の一隅にあるモールのペットショップで、地震のトラウマを抱えてケンニャン一家に引き取られる日を待っていたんだ。

 とにかく船体もロープもなにもかもが真っ黒なオイルに塗れてヌルヌルした状態で、親爺さんは手をこまねくばかりだったとさ。それからほどなくして職を辞した親爺さん、けれどその時家族は千葉市を引き払って銚子に越してしまっていたからね。家族と再開した後も、千葉港へ通うことはままならずで。

 そんな悲劇から十数年、親爺さんの愛艇に対する情熱は冷めることなく続いてはいたけれど、気がつけばエンジンの内部が潮ッ気で錆びついて・・・。もうダメ。そう親爺さんが悟ったのは数年前でね。

 昨年夏、生活費からコツコツ貯めて必要な資金ができた親爺さん、愛艇の解体を請け負う先を探し始めてね。それにもいろいろあったのだけれど、昨年暮れにようやく話がまとまり、で、ここ数日の動きに繋がるんだ。

 なんだか長々と愚痴っぽい話をしたけれど、親爺さんの終活の課題だったんだ。

2022年1月 1日 (土)

2022年 ご挨拶

  2022年 新年 あけましておめでとうございます。

 Dsc_0484

 アタシことコーギー犬 ココ、そして親爺さんから新年のご挨拶を申し上げます。今日でアタシは満11歳になりました。アタシと親爺さん、同じ誕生日 。だから親爺さんも歳を重ねて満78歳になりました。この命を与えてくださった神様と、今日の日を迎えさせてくださった世間の皆様と家族に、心よりの感謝をいたしております。

 今年こそコロナを乗り越え、皆様にとってより良い年になりますように。

2011-265

« 2021年12月 | トップページ | 2022年8月 »