ファッション・アクセサリ

2017年4月28日 (金)

おしゃれ?

 朝方は東の空を雲が覆い、陽が顔を見せたのは高く昇った後だったよ。
それでも昼間は快適な陽気でね。散歩していても楽しかったよ。
 親爺さん、久しぶりに予定もなく、のんびりと歩いていたんだ、芝生広場の脇で、かろうじて命脈を保っている里桜の花が見どころになって、グランドゴルフを楽しんでいる爺ちゃん、婆ちゃん達が樹の根元に座り込んでね、お茶していたよ。

 親爺さん、散歩の途中でクリーニングしたワイシャツを受け取ったんだ。白いワイシャツを着るなんて、最近は葬儀ぐらいでね。そのシャツを手でぶら下げながら唐突に話し出したよ。
 なんでもワイシャツの胸のポケットの位置なんだとさ。多くの場合、というより全てだろうね、ポケットの位置は左胸なんだよね。親爺さんがぶら下げているワイシャツもそうだよ。
 ところが親爺さんの持っているワイシャツで一枚だけ、右胸にポケットがあるそうなんだ。わざとそう仕立てたんだとさ。洋服屋さんが注文に怪訝な表情をしたんだそうだよ。「左利きですか?」。「いや、右利きです」。

Img_6213

 親爺さんの人生の師匠がね、話したそうだよ。本来、シャツの胸ポケットに物は入れない。なぜなら、上着の胸ポケットに財布や名刺入れを入れるから、時に右胸だけが膨らんで、フォームが崩れるというんだ。だからシャツの右側にポケットを移して、そこに名刺入れでも手帳でも入れておけば、バランスが取れるだろう。そう話したんだとさ。
 よくよく考えれば、胸が膨れる程に何かをポケットに詰め込むことが野暮ではあるのだけれどね。親爺さんが未だ若い頃の話だとさ。師匠のお供で高島屋へ出かけた時だとかで、傍目に親爺さんは社長のお供をする秘書な様子に見えただろうね。それで分かるだろうけれど、ポケットを右に移したシャツを誂えたそうなんだ。

Img_6216

 別の機会だそうだけれど師匠が糸車を見せて、これで羊毛を紡いで織り物にしてね、ジャケットを作ろう。そう言い出したんだとさ。早速当時羊毛でホームスパンを作っている工房を探し出して、原毛を分けてもらってね、糸車は鎌倉で、織り機は岩手でと、準備を整えたんだとさ。

 親爺さんも紡いだとさ。それでも大半は師匠がね、糸車の前に座って羊毛を糸に紡いだんだとさ。それを奥さんが織り機でホームスパンに、親爺さんがそれを洋服屋に持ち込んでジャケットに仕立て、普段着にしていたそうなんだ。風合いが出るようにね。ジーンズをわざわざラフに着て着古し感を出すためにね。

 師匠は下着にアイロンをかけるような人でね、英国紳士を思わせる風貌だったとさ。
 親爺さん、以前言ってたんだ。右ポケットのシャツにジャケットを羽織って、コーギー犬連れて散歩に出てね、道行く人に会釈する、そんなおしゃれな老人になろうとね。

 最近の親爺さんはね、ユニクロで買った服着ているよ。それで済ませるようになってしまったんだね。


2011年11月 6日 (日)

スマートフォン

 今朝は朝から雨模様さ。
外に出られなくて、我慢仕切れないオシッコとウンチを部屋の床にやったら、掃除や床に散らかった衣類のかたずけにイライラを募らせていた母さんを、爆発させてしまった。だから午前中、雨が小止みになった時を待ちかねて外に逃げ出したんだ。戻った後は目立たぬ様に机の下でゴロゴロしていたんだよ。
 
雨の日は好きじゃないよ。

Img_0386  ケンニャンが、そんなアタシを新しくした白いiphone でパチり、パチり。何が面白くてパチりよ。

  ケンニャンがスマートフォンと呼ばれる携帯電話を買ったのが一昨年。もう少しで満2年に届くそうなんだ。少し前から、今まで使っていたiphoneをナンダカンダ言っていたから、買い替え虫が騒いでいるんだろう、とは親父さんの弁。
 数週間前、それが動かなくなったそうなんだよ。なんだか都合が良過ぎるタイミングだとは思うけれど、喜び勇んでショップへ出掛けていったんだ。待つ事二週間。一昨日それが届いてね。いままでもそうだけれど、食事時も手放さないよ。
 前回、iphone を買った時は、親父さんの防水型携帯電話をも iphone に変更してしまったんだが、
親父さんの場合、当時はせいぜい家族内通話位だったから、特に支障もなかったんだ。今回はマユチャンがそのトバッチリを受けて、android スマートフォンに替えられてしまったんだ。
Img_2631_2
 * 左が新型、右が旧型

  ところが彼女の場合、何と数百人分のアドレスが携帯電話に蓄積されていたから、事は簡単じゃない。職業柄、連絡を取り合う人が多いことは、財布を忘れても携帯電話は忘れない彼女の様子からも想像できるんだけれど、これ程とは!。
 
 流石に電話会社を変更してまでの機種の”お揃い”化は無理だったらしいね。
 さてさて、マユチャンのスマートフォンの使い勝手は如何に?、彼女が何と言うか興味あるよ。
 え!、犬のお前に何の関係が?。家族だもの当然でしょ。
母さんの場合は、持ち運びに都合の良い電話としてしか使わないから、流石にケンニャンもそこまでは。
 新しくなった iphone だけれど、今までの型は不意に、しかも結構頻繁に通信圏外状態になったそうなんだ。それがどれだけ改善されたのか?。それに親父さんが使い続ける旧型には、ソフトウェアーの更新を迫られているそうなんだ。そうしないと、”確実な通話が保証できません”。なんてメールが届いているんだ。
 そうですか、という訳で、指示の通りに更新を試みても、何度やっても駄目。
これじゃ、さも
ケンニャンのように新しくしないと”使えなくなりますよ”。そう脅かさ
れているようだ、
地デジも同じ事だけれど、使う人の都合じゃないから腹立たしいよ。とは親父さんが言ってるよ。
 
 もっとも、あたしんちでは近頃、誰もテレビを見ていないけれどね。興味無いそうだよ。アタシみたいに使わない事が最良の選択さ。